大会5日目(最終日)

大会最終日、レースができるかどうかぎりぎりの風でしたが、少し待った後に女子のメダルレースからスタートしました。

女子の第1レースはUFDでしたが大会を通し圧倒的な走りを見せたイタリアのジョージア選手がメダルレースもトップで走り優勝。

続く男子のメダルレースでは、フランス勢と首位のイタリアとの争いでしたが、落ち着いた走りでトップフィニッシュしたフランスのファビアン選手がイタリアを逆転して勝利を手にしました。
フランスはメダルレースに5選手が入り、3位になったイタリアを除き5位までの表彰を独占しました。

つづいて男子ゴールドフリートのレースが行われました。
スタートの出遅れを挽回した池田と、他艇と上マーク付近で接触して海外大会で初めてプロテストを出した内藤(RDG)はともに振るわないレースでした。
合計13レースを走った今大会、池田は昨日から3つあげて19位で大会を終えました。これまでの取り組みではっきりステップアップできている部分と、筋パワーの持続性を必要とするRS:Xの身体作りやレースのセオリーについての課題を見出しました。
内藤は成績の伸びがありませんでしたが、初日のようなレースを継続してできるようになるために多く課題が見つかっています。

その後風が落ちてしまい女子と男子シルバーフリートのレースはキャンセルとなりましたが、シルバーの斎藤は昨日の3レースで頑張り、フリートでは1位となり大会を終えました。

ユース世代はどの国もテクノプラスとRS:Xの両方に乗っている選手が多く、次のテクノワールドでも戦いは続きます。課題克服に向け日々練習です。
大会中の応援をありがとうございました。

Report by 小菅寧子

大会サイト 大会成績サイト
▲男子の1位〜5位の表彰。ファビアン選手(フランス)は写真中央。1、2、4、5位はフランス勢
▲女子の表彰/ジョージア選手(イタリア)は写真中央
▲左から池田、内藤、斎藤の日本チーム。内藤は帰国後にWSユースワールドでアメリカ遠征に出発します

大会4日目

大会4日目も前日と同じようなコンディションの中で3レースを行いました。

今日の1レース目、池田は昨日の反省をいかしたトップ集団で走るレースを見せました。上マークを3位で回航、途中順位が入れ替わりながらも7位でフィニッシュ。

続くレースでは上マークの順位は悪くはない位置にいながら「風に翻弄されてしまった」と順位を落とし、マーク際の混戦した位置でセオリー通りの走りができなかったのが敗因でした。

今大会ではフランスやイスラエル勢が多く参加し、上位でひしめき合っています。今日で12レースが成立し、明日は大会最終日。トップ10位までの選手はメダルレース、それ以外の選手も1レースを予定しています。

Report by 小菅寧子

大会サイト 大会成績サイト
▲トップ集団で競う池田のフィニッシュ
▲決勝になってからスタートが出られない内藤
▲シルバーフリートでしっかり前を走る斎藤

大会3日目

大会3日目は朝9時のコーチミーティングに始まり、上下コース10~15ノットのクロスオフの風で11時から女子が3レース、13時から男子ゴールドが3レース、15時過ぎから男子シルバーが3レースを行い終わったのが19時ごろと、コーチにとっては長い一日でした。

大会はあと2日、残り3レースを予定しています。

決勝で池田はこれまでできなかったことができて進歩が見えますが、結果でもう一つ上の走りをしてほしいと思います。トップ集団の中では楽をせず、ていねいな走りをして順位を上げることが課題です。

大会はあと2日、残り3レースを予定しています。

Report by 小菅寧子

大会サイト 大会成績サイト
▲男子ゴールドフリートのスタートライン。本日も雨交じりの天候でした
▲フィニッシュまでのスラロームコースを走る池田。途中5位を走りましたが、下りの戦略ミスで大きく順位を落としました
▲2ポイント差で予選落ちしたシルバーフリートの斎藤。課題の中風域が良くなっています

大会2日目

1日目と同じ風向から10ノット前後の風が吹き、3レースを行って予選が終わりました。
本日もゼネリコの多い日でしたが、日本チームは池田が5位を走り、総合順位を1つあげました。2レース目はスタート直後に藻にかかりビリで上マークを回航しましたが、カットレースの1ポイントの大切さや最後まで諦めないことを前回の遠征から学んでおり、今回のレースではこれを活かせました。

内藤は1レースごとの切り替え、斎藤はレース序盤の組み立てが課題です。

Report by 小菅寧子

大会サイト 大会成績サイト
▲ゼネリコが多く、ブラックフラッグを適用
▲下マークを回航する内藤と池田
▲今大会ではランキング順のゼッケンを毎日出艇前に受け取ります。本日は18番をつけて、第4レースを5位でフィニッシュする池田

大会1日目

大会初日は雨の1日でした。
風は現地入りしてから最も強く、8〜15ノットの中で予選3レースを行いました。
ブルーフリートの内藤と池田はレース海面に点在する藻が多くて苦戦していましたが、2人とも上マークの順位がよく、3レース目ではともにシングルでフィニッシュしました。
イエローフリートの斎藤は第2レースでBFDとなりましたが、全体的にゼネリコが多くスタートに時間がかかっています。
予選最終日の2日目もいい風が期待できそうです。

Report by 小菅寧子

大会サイト 大会成績サイト
▲雨のレース。海面には藻、ゼネリコ多数、でも肝心の風はよかった大会初日です
▲下マーク手前をトップ集団と走る池田(右)。1、2レース目は海面に広がる藻の影響でシングルから順位を落とした
▲3レースで内藤と池田はともにシングルでフィニッシュ。写真は内藤

開催地:パンマール・フランス
日程:2018年7月1日~7日

7月1日 受付・計測・開会式
7月2日 プラクティスレース・コーチミーティング
7月3日~7日 コーチミーティング・レース
最終日 最終レース・閉会式

出場選手

RS:Xユース 男子クラス
内藤 紳之介(アサンプション国際高等学校)
池田 拓海(神奈川県立立鎌倉高等学校)
斎藤 雄吾(東山高等学校)

大会サイト 大会成績サイト

大会概要

RS:Xユース世界選手権は19歳以下の世界一を競う大会です。フランス・ブルターニュ地方に位置するPenmarch(パンマール)で開催されます。

▲美しいビーチが広がる試合会場

ブルターニュは大西洋に突出した半島が連なる地域で、北にイギリス海峡、南はビスケー湾に面しています。大会が開催されるLa Plage Beachは灯台があちらこちらにあり海上には岩場が多く見られますが、美しいビーチが広がる所です。

4大陸から総勢130人(ユース男子95人、女子35人)が集結しています。
日本からは内藤紳之介、池田拓海、斎藤雄悟のユース男子3人が出場します。昨日はPenmarchの街のシンボルであるThe Eckmuhl Lighthouseで開会式が行われました。

本日は風が弱いとの予報ですが、プラクティスレースが予定されています。選手は初めてのRS:Xユースワールド参加となりますが、5日間、応援をよろしくお願いいたします。

Report by 小菅寧子

▲左から、斎藤雄悟、池田拓海、内藤紳之介
▲開会式を待つ選手たち
▲大会受付け